保養受け入れ

2015年4月より、古民家の空き部屋に毎月1~2組の保養を受け入れます。薪を使った田舎暮らしの体験ができます。

・対象
 放射線量の高いところへお住まい方(福島県をはじめ、千葉県北部などでも)、復興でお疲れの方。
 沿岸部の津波被害で復興中の方でもOKです。
 18歳未満の方は保護者同伴。

・プログラム
 特にありません。ゆっくり過ごしたい方、団体行動が苦手な方、自分で好きなことをしたい方向けです。
 基本的にお構いはしませんが、ちょっとでも話にいれてもらえると、僕が喜びます。
 やりたいこと、いきたいところがあったらご相談ください。

・宿泊
 8畳の部屋が2部屋ありますので、自由に割り振ってください。

・設備
 基本的に薪になりますが、キッチンや風呂もお使いいただけます。洋式水洗トイレが一つです。(2015年3月現在、ようやく最低限の準備ができてきましたが、設備は徐々に向上させていきたいので、建物の修繕など一緒にお手伝いいただけると助かります。)

・食事
 食事の提供はありません。自炊されるか、外食してください。庭でバーベキューができる道具はお貸しします。キッチン、調理器具、食器、調味料はあるものはご利用ください。米や野菜は時期によってご提供できる場合があります。

・アクセス
 木更津駅から車で約20分。送迎は基本的にありません。車でお越しになるか、徒歩8分のところに木更津駅からのバス停があります。
 駅や高速バス乗り場からの送迎は、人数や日によっては対応ができる場合もあります。お問い合わせください。

・料金
 奉仕のつもりですが、無理なく継続するために、実費として一泊につき一人500円頂戴します。遠方から交通費をかけてお越しになるのにごめんなさい。イベントの日に重なるときはご招待します。質素な設備ですが、目一杯のびのびとお過ごしください。

・免責
 万一事故等があっても一切責任を負いかねます。不安な方は携帯電話から入れるレジャー保険などに各自加入してください。

・古民家周辺の空間線量
 <2015年3月28日>
  IWAMATSU 放射線量モニター SV-1000
  高さ約1mのところで1分間簡易測定
   隣接する竹林      0.07 μSv/h
   枝を燃やしているところ 0.06 μSv/h
   雨どい         0.09 μSv/h
   母屋居室        0.07 μSv/h
   風呂          0.00 μSv/h

・申し込み
 予約が必要です。ご利用の2週間前までに下のフォームの題名に「保養希望」と、メッセージ本文に「1.希望日」「2.人数」「3.電話番号」を記載して送信してください。折り返し、メールで詳細をお知らせします。ご不明な点がありましたら、メッセージ本文にお書き添えください。
 申し込み多数や、日によって対応できないことがあります。毎月第一・第三土曜日とその前後の日は、 ゼロからの米づくりイベント に重なりますので、ほかの利用者がいるときは男女別相部屋になります。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

確認画面はありません。これにチェックをし、送信ボタンを押すと、メッセージが送信されます。